自分の車を廃車にする時かかる費用の相場はいくら?

自分の車を廃車にする時にかかる費用はどれくらいなのでしょうか?

自分がこれまで乗っていた愛車にしても、家族が乗っていた車にしても、廃車にする時に気になるのは廃車費用ではないでしょうか。
しかも総額でいくらかかるのかと考えると廃車にした方が良いのか車検をもう一回だけ取って乗った方がいいのか迷うものです。

実際のところは、廃車にする費用の総額と言うのは、その車の状態によってそれぞれ違いますので、一概にはいくらが相場と言う風には言えないのですが、大まかな範囲では廃車にかかる費用はおおよそですが出す事が出来ます。
しかし、あくまでもおおよその金額で、解体費用は含まないものとします。

廃車にかかる費用の総額の概要

利作る料金を既に支払い済みの場合は、廃車にかかる費用は解体業者への登録車両の場合、持ち込むか、引き取ってもらうかによって料金が発生します。
持ち込む場合は無料となり、廃車にかかる費用は無料となります。

しかし、解体業者へ車を持ち込む場合でも国産軽自動車ならリサイクル料金が八千円、国産自動車なら一万円、外国車なら一万五千円と、金額が決まっていますので(変動があった場合は個々に確認をお願いします)それが廃車にかかる費用の総額となります。

解体業者に対して車の引き取りを依頼した場合は持ち込む場合にプラスして別料金がかかります。
概ねどのような車のタイプでも一万円前後である事が多く、持ち込んだ場合にプラス一万円程度だと考えておくと良いでしょう。

自動車リサイクル料金は、メーカーや車両によって違います。
また、法改正等によっても変動するものですので、廃車にしようと思った都度、確認する事が望ましいでしょう。

低年式、過走行だからと言う理由で廃車を決めるなら、廃車手続きをする前に一度査定を受けるのも一つの方法です。
本当に廃車にするしか方法が無いのであれば仕方ないですが、いくらかでも値段が付いたり、無料で引き取ってもらえるなら、そちらを利用した方が良いでしょう。