廃車手続きには陸運局も忘れずに!

車の廃車手続きは自力でやることを増やせば安く済む

廃車にかかる費用は節約しようがない、と思っていませんか?
実はこれこそが落とし穴なのです。
廃車にかかわることで自分でできるところをすべて自分でできれば、登録抹消時の手数料支払いだけにとどめられる可能性も高いのをご存知でしょうか?
それをするかしないかでは、普通車で考えてみると1~4万円差が出てきてしまうことになるのです。この差は大きいと感じませんか?
ただし、車両解体についてはさすがに本職の方でもなければ自力でというのは難しいですよね。車両解体にかかる費用は仕方ないのではないかというと、実はこれも、部品引き取りという形で差し出せるものがあれば解体費用を無料にしてくれたり、割引してくれるといった解体業者も少なくないのです。

廃車手続きを自分でやるなら陸運局も忘れずに!

廃車手続きを自力でやろうとした場合には、必要な書類をすべて集めたうえで、ご自身で陸運局に行く必要もあります。
陸運局で何をするのかというと、このような流れの作業になります。
「用紙販売所で”抹消登録申請書と手数料納付書”を購入し、記入する」⇒「ナンバープレートを取り外して返却」⇒「必要書類の提出(抹消登録証明書を受け取る)」ということが必要な作業になります。
これとは別に忘れてはいけないのが「自動車税の抹消申告」を行うということです。これをしたときにもし期限が1か月以上あれば返還されますから忘れてはもったいないことになってしまいます。
また、この自動車税の抹消申告があるからこそ、これから廃車にしようかなと検討されているのなら、少しでも早く廃車手続きを済ませておくことが重要になります。